復活!「aiwa」からローコスパスマートフォン、タブレット&PCが複数登場!!!【ブランド名のみ】

アイワブランドは死んでいませんでした。

1951年に設立、2002年にSONYに吸収合併され、2008年にブランドが終息した「aiwa」ブランドから、2022年にスマートフォン&タブレット端末が発表されました。これは同ブランドを譲り受けた「JENESIS」が発売し、「aiwa デジタルシリーズ」として展開される予定とのことです。

タイトルの通りではありますが、先にお伝えすると…「誰が買うの?」と個人的に思ってしまうような製品群で、性能は低いわ価格は安くないわで、あまり褒めることのできない紹介内容になります。

ブランドの最盛期を知る人々に向けたものなのでしょうか。だとしてもガッカリされて更にブランドに傷をつけかねないかなと… 「VAIO Phone」の二の舞いにならないといいですが。

各モデルをご紹介していきます。

スマートフォン

JA2-SMP0601 16,800円

メモリ2GBの「ハイコスパエントリーモデル」です。日本国内に超安価向けのOSである「Android Goエディション」搭載モデルを投入するとは…という感じですが、日本でこのOSを搭載する機種は非常に珍しいです。販売会社である「JENESIS」が以前もGoエディションのOS搭載機種を投入していました。

JA2-SMP0601
OSAndroid 12
(Go Edition)
SoCUNISOC T310
ベンチマーク約10万点
(Antutu)
メモリ容量2GB
ストレージ32GB
microSD
ディスプレイ6.5インチ液晶
HD+ 1600×720
アウトカメラ広角:約1,300万画素
マクロ:200万画素
インカメラ約800万画素
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー4,000mAh
生体認証無し
防水IP52
(防滴)
イヤホンジャック搭載
サイズ164.4×76.6×9.2
約190g
価格16,800円

メモリ容量は2GB、ストレージ容量は32GBで、水準としては7年前のハイエンドモデル(XPERIA Z5)、4年前のミッドレンジモデルくらいでしょうか。性能は非常に低く、これでは通常のAndroidが正常に動作しないだろうと容易に想像できます。サイズも大きく、重量も重めです。ディスプレイは6.5インチHDのしずく型ノッチ液晶です。防滴なのが褒められる点でしょうか。

スペックだけ見れば約1万円の「Fire HD 8」「Fire HD 10」に近いです。価格だけ見ればスマートフォンの中では安価ですが、全くコスパが良いとは思えません。公式サイトの紹介文も「5GHz対応」などと今や当たり前のことを大々的に記載しているあたり、何を強みにしたいのかなと思ってしまいます。

Androidタブレット

JA2-TBA1001 39,800円~

約4万円の「タフでスマート。aiwaタブレットのフラッグシップモデル」とされています。このモデルはなかなか面白い特徴を揃えており少し興味がありますが、システム的なスペックは低く、コストパフォーマンスは非常に悪いです。

デザインは全体にアルミなどの金属類を使用しており、質感は良さそうです。

JA2-TBA1002
OSAndroid 12
SoCMediatek MT8183
ベンチマーク約10万点
(Antutu)
メモリ容量4GB
ストレージ64GB
microSD
ディスプレイ10.3インチ液晶
FHD+ 2,000×1,200
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約800万画素
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー6,800mAh
生体認証無し
防水防塵IP65
イヤホンジャック搭載
サイズ248.8×158.5×7.9mm
約490g
価格39,800円

このモデルの特徴として、タブレット端末としては今では珍しい「IP65 防水防塵」に対応しており、国内ブランドから防水対応タブレットの発売がほとんどなくなってしまった今、少なくはないニーズをカバーする貴重な選択肢になるのではないでしょうか。

ディスプレイは5:3という珍しい比率のFHD+液晶で、解像度も充分です。パネルにはgorillaglassを使用していますが、バージョンは不明です。

SoCは「Fire HD 10 (2019)」に採用された「MT8183」で、性能は低いです。バッテリー容量は6,800mAhで厚みが約7.9mmと比較的薄いです。スピーカーはクアッド(4つ)です。

また、このモデルには専用キーボード(別売り)が用意されています。Bluetoothなどではなく専用の端子から接続できます。完全に英語配列ですね。

JA2-TBA1002 19,800円~

ほぼ「Fire HD」なタブレット端末です。「コストパフォーマンスとスペックのバランス◎のエントリーモデル」としています。コストとスペックのバランスをコストパフォーマンス言うのでないでしょうかという指摘は割愛します。

JA2-TBA1002
OSAndroid 12
SoCMediatek MT8168
ベンチマーク約10万点
(Antutu)
メモリ容量4GB
ストレージ32GB
microSD
ディスプレイ10.1インチ液晶
HD 1280×800
アウトカメラ約500万画素
インカメラ約200万画素
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー5,000mAh
生体認証無し
イヤホンジャック搭載
サイズ243.3×161.8×9.7
約490g
価格19,800円

ちょっと性能の高いFire HDな構成です。SoCは「Fire HD 8 /Plus」と同じ「MT8168」を搭載しています。メモリ容量は4GBで、平均的な水準にあります。それ以外は特筆すべき点はあまりないです。

10.1インチですがディスプレイ解像度はHDで、画面の粗さが気になりそうです。スピーカーがステレオに配置されているので、動画鑑賞に使えるでしょうか。

JA2-TBA0801 16,800円~

今回発表されたAndroidタブレットの中では最廉価のモデルです。「A2-TBA1002」の8インチ版といった印象ですが、メモリ容量が削減され、OSも「Android Go」になっています。

JA2-TBA1002
OSAndroid 12
(Go Edition)
SoCMediatek MT8168
ベンチマーク約10万点
(Antutu)
メモリ容量2GB
ストレージ32GB
microSD
ディスプレイ8インチ液晶
HD 1280×800
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー4,400mAh
生体認証無し
イヤホンジャック搭載
サイズ124.0×208.0×8.8mm
約334g
価格16,800円

Windowsタブレット

JA2-TBW1001 49,800円~

2in1のWindows11搭載タブレットです。付属のキーボードを使用することでノートPCのように使用することができます。キーボード配列は日本語と記載されていますが、写真を見る限り英語配列に日本語を割り当てたものになりそうです。

JA2-TBA1002
OSWindows 11 Pro
SoCIntel Celeron N4020
2コア2スレッド
ベンチマーク1570
メモリ容量4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ10.5インチ液晶
HD 1920×1280
アウトカメラ約500万画素
インカメラ約200万画素
ネットワークBluetooth 4.2
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー26.6Wh
(3500mAh/7.6V)
最大7時間
生体認証無し
端子イヤホンジャック
microSD
Type-C ×2
Mini DP or microHDMI
サイズ247.6×173.6×8.8mm
約600g
キーボード:300g
価格49,800円

SoCの性能が低いのが残念です。これが4コアの「Celeron N5100」や「N4120」であればもう少し良いのになと思ってしまいます。

N4020のPassmarkスコア

ストレージ容量やメモリ容量も最低限ですが、一応Gigaスクール構想の仕様と同等です。10.5インチ16:10のFHD液晶ディスプレイで、ステレオスピーカーです。

キーボード含めて900gという重量は魅力的ですが、バッテリー容量は少なめです。以前話題になったアイリスオーヤマの「Luca」よりコスパ悪いですね。

スマートウォッチも登場

JA2-SMW0001 5,800円

スマートウォッチもリリースされます。見た目は「Applewatch」です。防水防塵に加え、心拍数と血中酸素濃度の測定機能があります。

強みがあまり分からない

価格は確かに安いものは多く、国内で有名であったブランドが安く販売されているという話題性はあると思います。しかしながら、メモリ2GBのスマホなど、これらの多くが価格以下のスペックではないのかと感じてしまいます。

今回発表されたモデルは「aiwaデジタルシリーズ」第一弾とのことで、今後も展開されることが予想されます。その際にどのようなモデルが出るのか期待したいところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。