intel 第10世代CPU 「Comet Lake」発表。「Ice Lake」との違いは?

Intelから第10世代CPU「Comet Lake」の詳細が発表さた。(U、Y)
前の記事でまとめたように同じ第10世代である「Ice Lake」の発表がすでにされているが、同じ世代なのにもかかわらず様々な点で違いがある。

・「Comet Lake」と「Ice Lake」の違い

1.プロセスルール

「Ice Lake」は10nmで製造されているのに対して「Comet Lake」は第6世代以降の    CPU同様14nmで製造されている。
2.TDPが15WのCPUとして初の6コア12スレッドCPUをラインナップ
「Core i7-10710U」はTDP15WのUシリーズ初の6コア12スレッドになった。
3.第11世代GPUの搭載はなく、前世代のものを引き継ぐ
4.プロセッサーナンバーのルールは第9世代以前のCPUを引き継ぐ
「Ice Lake」では”Core””グレード””世代,型番,シリーズ””GPUグレード”に変更    されていたが、「Comet Lake」では大きな変更はなかった。
Ice Lakeでのナンバールール

Comet Lakeでのナンバールール

・今回発表されたComet Lake 一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です