『iPhone 14 Pro Max』の本体デザインが流出?巨大すぎるカメラ部。

間もなくの発表が予定されてる「iPhone」の2022年モデル。順当にいけば『iPhone 14』シリーズになると思われますが、ノッチの廃止やグレードによる搭載SoCの変更など、それなりに大きな変化があるだろうと推測されています。

様々な憶測が飛び交う新モデルですが、これまで様々なリーク情報を提供してきたSnoopyTech(@_snoopytech_)氏より「iPhone14 Pro Max」のデザインについての情報です。

サードパーティーケース画像から流出

サードパーティ製カバーから本体デザインが推測できます。

LACOSTEというメーカーからの製品です。一目見て気付く特徴としては非常に大きなカメラユニットです。iPhone13シリーズでもこの部分の大型化が目立ちましたが、14シリーズでは更に大きくなっているようにも見えます。センサーサイズがさらに大きくなるのでしょうか。

カメラが本体の半分より大きいとバランスが悪く見えます。

また、前面のレンダリング画像も作成されており、ノッチが消滅したかわりにそれなりの大きさのパンチホールが搭載されているにが確認できます。このデザインは昨年から予想されてきましたが本当になるのでしょうか。正直この大型サイズならノッチのままでも良いような気もしてしまいます。

SOURCE

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。