「AQUOS R6」登場。色々とお化けなスマホ…

あの液晶のSHARPが液晶ディスプレイを捨てる時が来たようです。

2021年5月、SHARPはAQUOSシリーズのフラッグシップモデルである「R」シリーズの新型モデルを発表しました。このシリーズにおいて一貫して採用し続けてきた液晶ディスプレイの搭載をやめ、「IGZO」の技術を活用した有機ELディスプレイを搭載しています。

新機能をまとめると…

  1. Leicaと協業、1インチセンサー搭載単眼カメラ搭載
  2. IGZO技術を活用した6.6インチ有機ELディスプレイ搭載(解像度はダウン)
  3. 超大型画面内指紋センサー(3D超音波式)

スペックシート

 スペック
機種AQUOS R6
出荷時のOS
Android 11
SoCSnapdragon 888 5G
2.8GHz+1.8GHz
オクタコア
RAM12GB
LPDDR5
ROM256GB
UFS 3.1
microSD 最大1TB対応
ディスプレイ6.2インチ(2730×1260)
Pro IGZO OLED 有機EL
120fps
アウトカメラメイン:20.2MP F/1.9 1インチ
ToFセンサー
インカメラ12.6MP F/2.3
動画機能アウト:4K30fps、1080p60fps、1080p30fps
アウト:1080p30fps、720p30fps
ネットワークWiFi:802.11 a/b/g/n/ac/ax (WiFi6)
Bluetooth5.2
セキュリティ指紋(画面内)
SIMmicroSIM ×1
I/OUSB Type-C
イヤホンジャック
防水防塵
おサイフケータイ
IPX5/8 IP6X
対応
バッテリー5,000mAh
USB PD対応
サイズ
重量
約162×約74×約9.5mm
重量:207g

カメラに本気、Leicaと協業

今までのAQUOSシリーズというと、カメラが微妙という印象がどうも拭えないでいました。一時は「リコー」の「GR」認証取得などのコラボレーションを行ってはいましたが、他メーカーと共同開発といった深い協業は行っていませんでした。

そんな中、ついに有名老舗カメラメーカーである「Leica」と協業に至りました。さらに、これまでのスマートフォンカメラの常識を覆す1インチセンサー搭載です。

1インチセンサーという言葉だけではすごさは分からないと思われますが、高級コンデジで有名なSONY「RX100」シリーズと同じサイズのセンサーを搭載しています。ズーム機能がないRX100がそのままスマートフォンに落とし込まれたようなものです。

出典:Wikipedia
センサーサイズの比較
出典:SHARP

この画像をみるとサイズの差がかなり大きいことがわかります。1/2.55というサイズはこれまでの「AQUOS R5G」や「Pixel 5」などに搭載されている一般的なセンサーサイズになります。「XPERIA 1Ⅱ」等は1/1.7という少し大きいサイズです。

ついに有機ELを搭載

AQUOSシリーズの特徴であったIGZO液晶ディスプレイのエッセンスを継承した「Pro IGZO OLED」有機ELディスプレイを搭載しています。

120Hzも維持し、黒挿入による模擬240Hz駆動にも対応しています。また、液晶に比べて暗いと思われがちな有機ELディスプレイですが、この機種ではAQUOS史上最高の輝度2000nitを達成しています。

また、10億色表示も引き継いでいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です