Chuwi Surbook Mini レビュー #1 surface風なwin10タブレット

CHUWI surbook mini

chuwiから発売された10.8型windowsタブ、surbook miniのレビューになります。

キーボードもついに発売になりました。
キーボード部のデザインやペンへの対応など、surfaceを意識したつくりになっています。

スペックの詳細


  • 開封

※箱が曲がっているように見えますがカメラの歪みです

クラフトデザインの箱。本体、充電器、説明書(一部日本語あり)、CPUシールなどが付属

日本用の変換プラグがついていました





















  • 各所説明

ポート類は、側面にUSB3.0×2とtype‐C(充電ポートを兼ねる) イヤホンジャック、背面にmicroSD(最大128GBまで)スロットになっている。スロットからSDカードが少し外しにくいのが気になった。

充電器の特徴

  • 12V2A出力でコンセント部は交換可能
  • スマホ向け充電器でもQuickCharge非対応なら充電可能(非推奨)

microSD
USB3.0×2  type‐C


音量&電源ボタン。スピーカーは左部分にあり、上部の排熱穴と同じデザインになっている。


キックスタンドは最大125°まで調節可能


  • ディスプレイ      

IPSディスプレイだけあって視野角が広い。色温度も赤よりでも青よりでもなくバランスのとれた感じだ。
(カメラ歪みすぎ…)

次回はパフォーマンス面をレビューしていきます。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です