『Wi-Fi 6E』対応スマートフォン、ルーターまとめ

2022年後半に日本国内でも使用が可能になったWi-Fiの通信規格『Wi-Fi 6E』に対応している日本国内発売済みスマートフォンをまとめました。

最近では『Wi-Fi 6 (ax)』がスマートフォンやPCなどで広まってきている状況ではありますが、依然として多くの家庭/アクセスポイントで『Wi-Fi 5(ac)/4(g)』が使われています。

『Wi-Fi 6E』とは?

「E」がついただけのマイナーチェンジに見えますが、実際は非常に大きな進化を遂げているのが『Wi-Fi 6E』です。進化点をご紹介します。

20年ぶりの新帯域『6GHz帯』に対応

これまでのWi-Fi電波が使用する帯域は「2.4GHz」と「5GHz」の2つで、利用機器が多く混雑しやすいという状況となっていました。今回の6Eはこれに加えて「6GHz」電波を使用することができるようになりました。

この6GHzという帯域はこれまで日本国内で使用されたことがなかったものになり、20年ぶりの新規追加になります。すなわち、現状としてはWi-Fi 6Eのみが使用できる帯域と言うわけで、たの電波との干渉が少なくなるという大きな利点があります。
※2.4GHz帯は電話機やBluetooth、電子レンジなどといった干渉が多く、5GHz帯はDFS制限などがあった。

それぞれの端末の対応が必要

このように、『Wi-Fi6E』にはかなり大きなメリットがありますが、現状として対応機種が少ないのが課題です。(認可から2ヶ月程度なので仕方なくもある)

さらには、送信側(Wi-Fiルーター)と受信側がどちらもWi-Fi 6Eに対応している必要があることから、Wi-Fi6の普及も芳しくない現状も相まって一般家庭での普及はまだまだ先になることが予想できます。

WNR-5400XE6

リスト

現状ではまだまだ対応機種が少ないですが、今後発売されるハイエンドモデルは基本的に対応していくだろうと考えられます。

メーカーモデル名発売元
GooglePixel 7 ProSIMフリー
Softbank
au
Pixel 7SIMフリー
Softbank
au
SONYXPERIA 5 Ⅳdocomo
Softbank
au
XPERIA 1 Ⅳ
XPERIA 1 Ⅳ Gaming edition
SIMフリー
Softbank
docomo

対応ルーター

メーカーモデル名最高速度価格
ELECOMWRC-XE5400GS-G6GHz:2402Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
約23,000円
buffaloWNR-5400XE66GHz:2401Mbps
5GHz:2401Mbps
2.4GHz:573Mbps
約18,000円
WNR-5400XE6
2台セット
約38,000円
NECAM-AX11000T126GHz:4804Mbps
5GHz:4804Mbps
2.4GHz:574Mbps
約55,000円
AM-AX7800T86GHz:2402Mbps
5GHz:4804Mbps
2.4GHz:574Mbps
約25,000円
NETGEAROrbi WiFi6E
AXE11000
RBKE963
(3台セット)
6GHz:4804Mbps
5GHz:4804Mbps ×2
2.4GHz:574Mbps
約250,000円
モデル名を選択すると各販売ページに飛びます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。