『Galaxy S23』の本体デザインがリークされる。カメラモジュール変更か。

以前GalaxyS23のベゼル幅についての情報をお伝えしましたが、本体デザイン自体についての情報も出てきました。

既報ではデザインや本体サイズに大きな変更はなく、ベゼル幅だけが広くなるといったものでしたが、今回はレンダリング画像が公開され、新しいデザインが明らかになっています。

明らかなったデザイン

レンズのみの出っ張り

こちらがリーク情報をもとに作成されたレンダリング画像です。大きな変更点としては背面の特徴的なレンズ部が無くなっています。レンズのみが飛び出ている構造になっており、これはミッドレンジモデルの『Galaxy A32』などと非常に似たものです。

Galaxy A32
Galaxy S22

ベゼル幅は太くなっているように…見える?

Galaxy S22
Galaxy S23レンダリング画像

どうでしょうか。個人的にはベゼル幅が少しだけ広がっているように見えなくもないです。

ディスプレイ自体は6.1インチの120Hz対応とのことで、バッテリー容量が増量される可能性があるとのことです。さらに、今年も以下のような3モデル展開になることが確実視されています。

  • Galaxy S23
  • Galaxy S23+
  • Galaxy S23 Ultra

益々筆者の次期メイン機種の有力候補になりつつあるGalaxy Sシリーズ。今後の続報に期待です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。