『Galaxy S23』はベゼル幅が拡大される?画面サイズ変わらず大型化か。

2022年の2月に発売された『Galaxy S22』。このモデルは近年のAndroidスマートフォン中では比較的コンパクトな部類にありますが、来年初頭に発表されることが確実視されている『Galaxy S23』でもこのようなコンパクトなサイズ感を引き継ぐとされています。

また、デザイン面においても『S21』から採用されているカメラ部が特徴的なデザインを引き継ぐとしており、これは『Galaxy Fold & Flip』シリーズのデザイン変更が無かったように、最近のGalaxyはデザインについて非常に保守的であるとしています。

そんな次期Galaxyですが、画面サイズ変わらずベゼル幅だけ広がってしまうという残念な情報がリークされています。

S23の本体サイズ

引用元:whatmobile

こちらが『Galaxy S22』と『Galaxy S23』とされる機種のサイズを比較したものです。

Galaxy S22Galaxy S23S22→S23
146.0mm146.3mm+0.3mm
70.6mm70.9mm+0.3mm
厚み7.6mm7.6mm±0mm

上下に0.3mmずつ大きくなっているのがわかります。画面サイズはこれまでのまま6.1インチということで、これは単純に左右上下のベゼルが0.15mmずつ広くなっている可能性があることを意味します。

この0.3mmの差に気づくことはあまりないかもしれませんが、このように新モデルでベゼル幅が広くなるという退化に近いような変更点は珍しく、この情報が誤報、もしくは画面サイズの大型化によるものであることを願いたいです。

SOURCE:whatmobile

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。