『Oppo Reno 8 5G』海外発表。スペック情報まとめ

OPPOは、世界各国にて、『Reno 8』を発表しました。デザイン的には日本で先日販売が開始された『OPPO Reno 7A』に非常に似ているものです。日本展開の可能性は低そうですが、情報をまとめていきます。

Reno 8Z
Reno 7A

デザイン

2色展開

カラーは『シマーゴールド』『シマーブラック』(直訳)の二色です。『Reno 7A』でも紹介された「OPPO Glow」というデザインコンセプトを採用しており、さらさらとしたマットな背面が特徴的です。カメラはトリプルレンズですね。フラッシュライトがサークル上になっているのが特徴的です。

スペック情報

Reno 8Reno 7A
OSColorOS 12.1
Android 12
ColorOS 12
Android 11
SoCMediaTek Dimensity 1300Qualcomm Snapdragon 695 5G
メモリ容量8GB
LPDDR4X
6GB
LPDDR4X
ストレージ256GB
UFS3.1
128GB
UFS2.2
microSD
ディスプレイ6.4インチ
FHD+
90Hz
6.4インチ
FHD+
90Hz
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:不明
マクロ;不明
広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約3,200万画素 F2.4
1/2.74
約1,600万画素 F2.4
ネットワークBluetooth 5.3
Wi-Fi 6(ax)
Bluetooth 5.1
Wi-Fi 5(ac)
バッテリー4,400mAh
最大80W急速充電
(SUPERVOOC)
4,400mAh
最大18W急速充電
生体認証指紋認証(画面内)
顔認証
指紋認証(画面内)
顔認証
イヤホンジャック無し搭載

こちらがスペック概要になります。全体的に『Reno 8』のほうが高性能で、特に充電速度やカメラ性能は大きな違いが見られます。グレードが違うので比較するのもアレな気もしますが。以下では各仕様の詳細を紹介していきます。

SoC、メモリ

SoCにはMediaTekの『Dimensity 1300』を採用しています。

Reno 8ZReno 7A
SoCDimensity 1300Snapdragon 695 5G
CPUコア数8コア8コア
CPU構成Cortex-A78×1【3.0GHz】
Cortex-A78×3【2.6GHz】
Cortex-A55×4【2.0GHz】
Kryo 660 Gold×2【2.2GHz】
Kryo 660 Silver×6【1.7GHz】
プロセスルール7nm8nm
ベンチマーク
Antutu V9
689,042396,817
GPUMail-G77Adreno 619
source:CPU-Monkey

ベンチマークスコアには約2倍の差があります。『Z』のDimensity 1300はハイエンド級の性能を持つSoCですね。

ディスプレイ

ディスプレイは約6.4インチの90Hz対応有機ELです。最大輝度は800nitで、Reno7Aの600nitよりも明るいです。また、ガラス素材は「Corning Gorilla Glass 5」を使用しています。

ディスプレイ仕様Reno 8ZReno 7A
ディスプレイ素材有機EL有機EL
画面サイズ約6.4インチ約6.4インチ
解像度FHD+
2400×1080
FHD+
2400×1080
色深度約1677万色(8ビット)約1677万色(8ビット)
リフレッシュレート最大90Hz最大90Hz
タッチサンプリングレート最大180Hz最大180Hz
画面占有率90.8%89.4%
輝度通常430nit
最大800nit
通常430nit
最大600nit
ディスプレイガラス素材Corning Gorilla Glass 5DT star2
(Dragontrail)

カメラ

カメラはトリプルレンズ構成で、メインレンズにはXiaomi 12シリーズでも採用された『SONY IMX766』を使用していることを大々的に宣伝しています。

Reno 8ZReno 7A
広角レンズ
(メイン)
約5,000万画素
IMX 766 1/1.56
約4,800万画素 F1.7
超広角レンズF2.2約800万画素 F2.2
マクロレンズ約200万画素 F2.4
動画撮影機能4K30fps
1080p60fps
1080p30fps
720p30fps
スローモーション動画1080p120fps
720p240fps
720p120fps

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。