『Galaxy Watch 5』シリーズ正式発表!変化点をおさらい。

Wear OS搭載になってから急激にスマートウォッチ界の希望となりつつある『Galaxy Watch』シリーズ、このTizenとWearOSの融合も2022年で開始からはや1年が経過しようとしている中、2022年モデルである『Galaxy Watch 5』、『Galaxy Watch 5 Pro』が発表されました。

今回発表されたのは2モデルで、日本での展開予定は未定です。また、これまでの情報通り『Classic』モデルは無くなり、『Pro』モデルが追加されています。

今回は旧モデルである『Galaxy Watch 4』と仕様の比較をしていきます。

デザイン

無印…外面の大きな変化なし

こちらが『Galaxy Watch 5』です。全体的なデザインは全くと言っていいほど同じです。色合いについては変更されており、ポップな印象になりました。カラバリは「グレー」「シルバー」「サファイア(44mm)」「ピンクゴールド(40mm)」です。

Galaxy Watch 5
Galaxy Watch 4

Pro…ベゼルが特徴的

そしてこちらが『Pro』です。盛り上がったベゼル部が特徴的です。なお、物理的に回転するタイプではありません。ボディはチタン製で、Proの名の通りアクティブな使い方にも対応できそうです。カラバリは「ブラック」「グレー」の2色です。

スペック情報

5 Pro544 Classic
サイズ45mm40mm
44mm
40mm
44mm
42mm
46mm
ディスプレイ1.4インチ
サファイアガラス
1.2インチ
1.4インチ
サファイアガラス
1.2インチ
1.4インチ
Gorilla Glass DX+
1.2インチ
1.4インチ
Gorilla Glass DX+
メモリ1.5GB1.5GB1.5GB1.5GB
ストレージ16GB16GB16GB16GB
バッテリー容量590mAh284mAh
410mAh
247mAh
361mAh
247mAh
361mAh
バッテリー持続時間最大40時間最大40時間
サイズ40.4×39.3×9.8 mm
44.4×43.3×9.8 mm
41.5×41.5×11.2mm
45.5×45.5×11mm

詳細は更新次第記載予定

見た目こそ大きな変化がない『Galaxy Watch 5』ですが、サイズ感は変わらずにバッテリー容量が約15%ほど増えています。

また、センサー類も強化されており、センサー範囲の拡大や体温計機能などが強化されています。

海外での発売は8月22日の予定で、価格は以下のようになります。

Galaxy Watch 5279ドル~
(約37,000円~)
Galaxy Watch 5 Pro449ドル
(約60,000円~)

Galaxy Watchシリーズも第5世代目です。これまで時計らしい見た目であった『Classic』モデルが終了してしまうのは少し悲しいですね。あれはあれで唯一性があったのにと思い、少し残念です。

갤럭시 워치 | Samsung 대한민국
(Samsung:Galaxy Watch 5 紹介サイト)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。