【要注意】『AQUOS Sense 6s』は単なる上位モデルでないかも?4K動画撮影が不可に。

SHARPの大人気ミッドレンジスマートフォンである『AQUOS Sense』シリーズですが、2022年4月に『AQUOS Sense 6』のマイナーチェンジモデルである『AQUOS Sense 6s』が発売開始されています。この2つのモデルの違いはCPUが「Snapdragon 690」→「Snapdragon 695」への変更とされていますが、実はカメラ機能にも変更点が生じているそうです。

スペックシート

AQUOS Sense 6sAQUOS Sense 6
発売日2021/04/282021/11/04
発売元au
楽天モバイル
SIMフリー
au
docomo
楽天モバイル
OSAndroid 11Android 11
SoC
メモリ容量
ストレージ容量
Snapdragon 695 5G
4GB
64GB + microSD
Snapdragon 690 5G
4GB・6GB
64GB ・128GB+ microSD
ディスプレイ6.1インチ有機EL
FHD+
6.1インチ有機EL
FHD+
カメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
4K動画撮影機能
ネットワークBluetooth 5.1
IEEE802.11 a/b/g/n/ac (Wi-Fi 5)
Bluetooth 5.1
IEEE802.11 a/b/g/n/ac (Wi-Fi 5)
指紋認証画面内画面内
イヤホンジャック
防水/防塵〇/〇〇/〇
バッテリー4,570mAh4,570mAh
サイズ152×70×9.2mm
156g
152×70×9.2mm
156g

4K動画撮影が不可に

こちらがスペックシートです。お気づきでしょうか。カメラ仕様に変更は無いのにもかかわらず「4K解像度での動画撮影機能」が無くなってしまっています。

この情報はauの製品情報サイトで確認することができます。

AQUOS Sense 6sの撮影可能動画解像度
AQUOS Sense 6

撮影解像度はSense6が「3840×2160」、6sが「1920×1080」と記載されており、4Kでの動画撮影ができないということがわかります。センサーなどは変更されていないようですので、なぜこの変更に至ったのかが気になります。これがどれほどのコストカットになるのでしょうか。

SHARPは不親切ではないか?

スマートフォンを比較する|AQUOS:シャープ (jp.sharp)

なお、この変更点はSHARP公式サイトでの記載が一切なく、不親切にも感じられます。そもそも撮影できる動画解像度についての記載自体がありません。

ううううん

また、各ニュースサイトやKDDIの運営する情報サイトでもSoCのアップグレードのみが変更点として掲載されています。

購入前に見極めを

auや楽天モバイルユーザーにとっては今更あえてAQUOS Sense6sを購入する必要性はあまりないかもしれませんが、今回のような退化ポイントがあることには驚きです。

使う使わないは別として、動画解像度はそれなりに気にする筆者としてはSense4どころか2016年の『AQUOS Xx 3』でも4K動画は対応していたのになあと思い残念です。

2件のコメント

  • SoCの制約でHDRと4K非対応になってるのはXperia 10 lllとlVでも同じなのでここを責めるのはおかしい

    • コメントありがとうございます。
      SoCの仕様上とのこと、今回コメントを頂いてから知りました。私ももう少し調べるべきだったと思います。
      ただ、私がそれ以上に疑問に思っていた点は、この動画撮影に関しての仕様変更が詳細に記載されていない事だと考えています。
      Ⅲ→Ⅳのモデルチェンジならまだしも、マイナーチェンジでこのような変化があると予想する人は少ないのではないかと思ったからです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。