『Xiaomi 12 Ultra』のレンダリング画像がリーク。上部ほぼカメラ。

Xiaomi 12シリーズのハイエンド中のハイエンドモデル、『Xiaomi 12 Ultra』のレンダリング画像が有名アカウント「@Onleaks」によって作成されていましたのでご紹介します。

作成されたレンダリング画像

凄まじく大きいカメラユニットが目立ちます。「Leica」ロゴがついている通り、先日協業が発表された通りになりそうです。レンズはクアッド構成でしょうか。うち上下の二つは長方形になっていることからペリスコープ式の望遠レンズである可能性が高そうです。右、右上、左下にはセンサーらしきものが見えます。

こちらが側面にかけての画像です。ディスプレイはエッジ形状でカメラユニットは3段階盛り上がっているのが分かります。

また、スピーカーグリルらしきものが上部と下部にそれぞれあるのが分かります。本体を横持ちした時の音質に期待ができそうです。

それにしてもすごいカメラです。背面の2/3以上がカメラです。

予想スペック

smartprixでは、このレンダリングと合わせてスペック情報も掲載されていましたのでご紹介します。

Xiaomi 12 Ultra
OSAndroid12
MIUI
SoCSnapdragon 8 Plus Gen1
メモリ16GB
LPDDR5
ストレージ512GB
カメラ広角:5,000万画素
超広角:4,800万画素
望遠①:4,800万画素
望遠②:4,800万画素
前面:1,600or2,000万画素
ディスプレイ6.6インチ有機EL
QHD+
リフレッシュレート:120Hz

名前の通りモリモリなスペックになることが予想できます。メモリは最大16GB(選択枝)とのことで、私が所有しているどのノートPCよりも容量が多くなります。

SOURCE:zouton

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。