【上位?下位?】SONYのネックバンド型ワイヤレスイヤホン『WI-C100』発表、『WI-C200』との違い

2022年6月14日、SONYはワイヤレスイヤホンの新モデルを発表しました。左右イヤホンがケーブルでつながっているタイプで、直販価格は約5,000円(税込)~です。今回は特徴、前機種との違いをまとめていきます。

デザイン

出典:SONY

カラー展開は「ブラック」「ホワイト」「ベージュ」「ブルー」の4色です。

付属品はイヤーピースと保証書、取扱説明書で、充電用のType-Cケーブルは付属していません。

WI-C200との違い

ここで気になるのがこれまでに発売されたワイヤレスイヤホンの下位モデルである『WI-C200』との違いです。型番の法則ではC200よりもC100のほうが下位モデルとなりそうですがどこが違うのでしょうか。まずはスペック情報を表にしてみます。

スペック情報

仕様WI-C100WI-C200
カラーブラック
ホワイト
ベージュ
ブルー
ブラック
ホワイト
防水防滴
IPX4相当
Bluetooth仕様Bluetooth 5.0
Class 2
Bluetooth 5.0
Class 2
対応コーデックSBC、AACSBC、AAC
【ヘッドフォン仕様】
形式
ドライバーサイズ
密閉ダイナミック型
9mm
密閉ダイナミック型
9mm
DSEE
専用アプリ
Headphones Connect
360 Reality Audio認定
Google Fast Pair
マルチペアリング
連続再生時間
連続通話時間
最大25時間
最大15時間
最大15時間
最大15時間
充電時間約3時間約3時間
質量約20g約19g
付属品イヤーピース(SS,M,LL)
保証書
取扱説明書
環境に配慮した包装
イヤーピース(SS,M,LL)
保証書
取扱説明書
Type-Cケーブル
ソニーストアでの価格
(税込)
4,950円3,630円
違いがある点は太字にしています

Type-Cケーブルが付属してない点を除き、バッテリー持ちや防水機能など、基本的に『WI-C100』のほうが優れています。下位モデルにしては珍しい「Headphones Connect」対応で、ここから音質調整や高音質技術であるDSEEのオン/オフ、ソフトウェアアップデートなどを行うことができます。

価格はC100のほうが1,300円ほど高価ですが、この価格を許容できるほどの機能差があると思います。特にバッテリー持続時間の差は大きく、充電時間は変わらず連続で25時間再生することができるようになっています。なお、連続通話可能時間に違いはありません。

デザイン

イヤホン部からバッテリー部、操作部にかけてほとんど変わり映えはありません。カラバリのホワイトは同じですが、少し色の印象が変わっています。白が白くなったような感じです。

カラバリとしては「ベージュ」「ブルー」が追加されています。

ボタンの全体的なデザインに変わりはありませんが、音量ボタンが凹んだ形状から出っ張った形状になっています。

まとめ…実質的C200の上位版

これでは名称と機能が一致しませんが、価格も機能も実質的に『WI-C200』の上位版となっています。なぜこの名称にしたのでしょうか。『WI-C210』とか『WI-C320』のほうが分かりやすい気が…

6月24日から発売開始予定です。

価格も約5,000円と手ごろな部類ですので、入門機としておすすめできます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。