HDDをメインストレージに採用している時代遅れPCはいまだ存在するのか。

時は2022年。フラッシュメモリの大容量化、低価格化に伴い、以前から使用されていたHDDのメインストレージ(OSを入れたり普段の作業の保存場所として使用する場所)として使用するユーザーもパソコンも非常に少なくなりつつある。

このような時代において依然HDDを使用し続けている民生向けノートパソコンは存在するのか。2021年から2022年モデルの中で調べてみたいと思います。

【注意】私はHDDのすべてを否定しているわけではなく、コストパフォーマンスの良さを生かして動画や写真などの大きなデータを保管する場所にはうってつけだと考えています。ただし、OSを入れるような頻繁な読み書きをするストレージとしてのHDDは向いていないと考えています。ですので、メインストレージとしてのHDDという点について取り上げ、SSDとHDDのデュアルストレージのPCなどは除外します。

HDD搭載ノートパソコン

やはりHDD搭載ノートPCは非常に少なくなっています。時々見かけることがあっても「SSD+HDD」のデュアル構成であったりと、メインストレージとして採用しているPCは多くありません。

LAVIE Note Standard 【NS200/R2W】

スペックN1510/AAW
OSWindows 10 Home
CPUIntel Celeron 4205U
2コア/2スレッド
1.8GHz
メモリ4GB
ストレージHDD 500GB
光学ドライブDVDドライブ
ディスプレイ15.6インチ HD
セキュリティ
(指紋/顔)
なし
OfficeソフトMicrosoft Office
Home & Business 2019
実売価格6万5千円~

名前の通り、LAVIEのスタンダードノートPCの最低スペックモデルです。発売が2022年と新しいのですがスペック構成は2019年レベルから進化していません。進化していたらHDDなんて搭載しないかもせれませんが。

ベゼル幅も普通、メモリディスプレイも最低限と、よくある安価な国内ノートパソコンといった感じです。Officeが付属しているのがメリットでしょうか。

LAVIE N15 【N1510/AAW】

本体カラーはホワイトです。こちらは上位モデルの画像です。
スペックN1510/AAW
OSWindows 10 Home
CPUAMD Athlon 3050U
2コア/2スレッド
2.3/3.2GHz
メモリ4GB
ストレージHDD 500GB
光学ドライブDVDドライブ
ディスプレイ15.6インチ HD
セキュリティ
(指紋/顔)
なし
OfficeソフトMicrosoft Office
Home & Business 2019
実売価格7万円~

NEC LAVIE15インチシリーズの最低スペックモデルです。デザイン的にはベゼルも狭く、比較的スタイリッシュで悪くない印象です。CPUは2コア2スレッド、メモリは4GB、ディスプレイはHDと、現代版ネットブックというべき最低性能で、Officeが付属しているのが特徴です。ちなみにですが、ストレージを256GBSSDに変更したモデル(N1515/AA)もラインナップされているので、特段の事情がない限りそちらを選んだ方が良さそうです。

ASUS 【X543MA-GQ512T】

スペックX543MA-GQ512T
X543MA-GQ1339T
OSWindows 10 Home
CPUIntel Celeron N4000
2コア/2スレッド
1.1/2.6GHz
メモリ4GB
8GB
ストレージHDD 1TB
光学ドライブDVDドライブ
ディスプレイ15.6インチ HD
セキュリティ
(指紋/顔)
なし
Officeソフトなし
実売価格3万円~

こちらもASUSのローエンドモデルです。CPUはAtom系の「Celeron N4000」で、先ほどののAthlonよりもさらに性能が低いです。メモリには8GBの選択肢も存在しますが、メモリを増設するよりもストレージをSSDに変えた方が性能向上を実感できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。