『OPPO Reno 8 Lite』のスペック情報まとめ【リーク】

私にはOPPOのスマートフォンの命名規則がいまいち理解できませんが、RenoのLiteシリーズでこれからの発売が予想されている『OPPO Reno 8 Lite』のリーク情報をまとめました。

早すぎる後継モデルの理由は…

2022年4月にヨーロッパ向けに『Oppo Reno 7 Lite 5G』が発売されていますが、今回はこれのリネームモデルになる。とのことで、実質ほぼ同じモデルとみてよいでしょう。にしてもモデル名の規則がよくわかりません。

本体デザイン

OPPO Reno7 Lite 5G
OPPO Reno 7 Lite

上が『OPPO Reno 8 Lite』、2枚目が『OPPO Reno 7 Lite』です。瓜二つというか全く同じですね。

側面背面ともにフラットなデザインで、iPhone12シリーズを発端とした流行りのものです。リーク画像を見るにカラバリもほとんど同じですね。

仕様

Reno8 Lite 5G
OSAndroid 12
ColerOS
SoCQualcomm
Snapdragon 695 5G
メモリ(RAM)8GB
LPDDR4X 2133
ストレージ(ROM)128GB
UFS2.2
microSD
ディスプレイ6.43インチ
AMOLED 有機EL
2400×1080
パンチホールデザイン
60Hz(90Hz)
カメラ【広角】6,400万画素 F1.7
【マクロ】200万画素 F2.4
【深度】200万画素 F2.4
【イン】1,600万画素 F2.4
バッテリー4,500mAh
33W急速充電(SUPERVOOC)
ネットワークBluetooth 5.1
Wi-Fi 5(a/b/g/n/ac)
防水IPX4 生活防水
指紋センサーディスプレイ内
イヤホンジャック搭載
サイズ
重量
159.9×73.2×7.5mm
約173g

スペックは中の上といったところでしょうか。「XPERIA 10Ⅳ」でも搭載される可能性が高いとされるミッドレンジのSnapdragon695 5Gを搭載し、8GBのメモリを搭載しています。ディスプレイは有機EL(フラット)で、33Wの急速充電(SUPERVOOC)にも対応しているとのことです。重量も比較的軽量で、手軽に使える好印象なモデルになりそうです。

ディスプレイが90Hzになるとの情報もありますが、ベースモデルのReno7と同等であれば60Hzである可能性が高そうです。

また、搭載OSがAndroid12になる可能性もあるとのことです。

発売予定

Oppo Reno 8、Reno 8 Proの発表と近いタイミングに登場するとされています。

まずは中国国内での展開からスタートするとされており、その後、その他海外市場に展開されるとのことです。

日本での発売も期待したいですが、7と8、どちらになるのでしょうか。これまでのReno Lite日本モデルはすべて奇数でしたので(Reno 3、Reno 5)、7Aなどの名前になるのでしょうか。全く違うモデルが登場する可能性も捨てきれませんね。

SOURCE:Bestpedia , Gadgets360

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。