「Galaxy Watch 5」にはProモデルも追加?仕様まとめ【リーク】

これまでのSamsung製スマートウォッチは独自OSである「Tizen」を搭載してリリースされていきましたが、2021年にGoogleの「WearOS 3.0」を初搭載したスマートウォッチである『Galaxy Watch 4』が発売されました。さらに、次期モデルの発売も近いとされています。

Galaxy Watch4

『Pro』モデルが新登場?

これまでのGalaxyスマートウォッチは一般的な「無印」モデルと、回転ベゼルを搭載した「classic」の2モデル展開が基本でしたが、2022年モデルでは『Galaxy Watch 5 (無印)』、『Galaxy Watch 5 Classic』に加え、上位版である『Galaxy Watch 5 Pro』も発表されるとのことです。

このProのモデル名は『SM-R925』になるとされており、バッテリー容量は572mAhになるともしています。GalaxyWatch4のバッテリー容量が361mAhなので、大幅な電池持続時間の向上が期待できそうです。しかしながら、本体サイズは標準モデルの「44mm」と同じではなく、それ以上になる可能性があるとしています。当然といえば当然のことかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。