android 12でWiFiのオン/オフボタンを復活させる方法(adb)

Android12では…

こんにちは。最近発表されたGoogleの最新OS「Android 12」、現在はPixelシリーズに提供が開始されています。
「Material You」の搭載やプライバシー機能の強化など、非常に素晴らしい機能追加が目白押しなのですが、非常に残念ながら、ステータスバーを下すと出てくるクイック設定パネル(コントロールパネル)からWi-FiのON/OFFがワンタッチで変更できないものに変更されています。

Android12のコントロールパネルの画面

WiFiのアイコンに「インターネット」と記載されている部分が変更箇所です。

Android 11以前のすがた

Android11までは上記のようにWiFiのトグルが専用で存在していたのですが、12からはモバイルデータ通信の項目と統合され、下記の画像のような画面を経由することになります。個人的にはかなり手間に感じます。

良いんだか悪いんだか…

adbコマンドで変更をかける

adb コマンドを利用してWiFiボタンを復活させてみましょう。

導入方法は上記に記載されているリンクを参照してください。

導入が完了した状態で、PC上の「Platform-tools」上で適当な場所を「Shiftキー」を押しながら右クリックしてPoweshell(コマンドプロンプト)を起動します。

その状態で

adb shell

を入力した後、 端末名(型番):/ $ が先頭に来ている状態で、

settings put secure sysui_qs_tiles "$(settings get secure sysui_qs_tiles),wifi,cell"

と入力してください。ちなみにですが「cell」はモバイルデータ切替のトグルになります。不要な場合は削ってください。

これでPCでの動作は終了です。

クイック設定一覧、もしくは編集画面ににWiFiの単純なトグルが追加されているはずです。

一応これで復活することはできましたが、再起動で消滅したりすることもあり、また、今後のアップデートで無効化される可能性がある点には注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です