【レビュー】ついに100円ショップでType-Cのモバイルバッテリーが登場。

私の家の近くの100円ショップ「キャンドゥ」にて結構ベンリなモバイルバッテリーが販売されていましたのでご紹介します。

キャンドゥは100円ショップの中でもダイソーの次くらいに見かけることがあり、主に駅ビルやショッピングモール内のテナント内で見ることができます。規模は小さめですが、ダイソーとはひと味違った品揃えなので案外見ていて面白いです。
もちろんデジタル系グッズの扱いもありますが、220円以上の商品では「HIDISK(磁気研究所)」の物が多い印象です。

紹介

今回紹介するモバイルバッテリーはこの「HIDISK」が製造しており、550円となります。
この製品のを買おうと思った理由は、「Type-C」が搭載されているという点のみです。この点のみですが非常に重要だなと思います。

本体パッケージ

私ははやくmicroUSBを絶滅させてType-Cに置き換えてほしいと思っているのですが、安いイヤホンやマウスなどといった周辺機器、ガシェットグッズはいまだにこの端子を搭載しているものがほとんどです。

このモバイルバッテリーは「550円」という値段でType-C、Type-A×2、microUSBという完璧な端子構成となっており、古いケーブルも再利用できる上に新しい端子への乗換促進にもなります。素晴らしい。

裏面はこんな感じで、細かい仕様は以下のようになります。

容量5,000mAh
端子充電/給電 Type-C
充電 microUSB
給電 Type-A×2
出力速度Type-C 5V2.1A
Type-A① 5V2.1A
Type-A② 5V1A
(合計最大 2.1A)
入力速度Type-C 5V2.1A
microUSB 5V2.1A
充電時間約3時間
サイズ
重量
約95.6×63.5×14.5mm
約118g

Type-A~Cのケーブルが1本付属しています。

左からType-A、Type-C(入出力用)、Type-Aと並んでいます。

Type-A端子の①は⚡(雷)マーク2本、②は⚡(雷)マーク1本になります。右側にはストラップホールがあります。

右側には入力用のmicroUSB端子になります。

上部にはバッテリー容量を示すランプがついています。左側面には確認用のボタンがあります。

使用感・

充電はスマートフォンと繋げた時点で自動的に開始されます。以下に各端子とPixel 5を繋げた時の充電速度(Ampereで測定)を掲載します。

Type-C端子から充電約1700mA
Type-A①から充電約1500mA
Type-A②から充電約1100mA
Type-A②を使用しながら
Type-Cから充電
約1000mA

ほぼ仕様通りです。実は3A出るみたいな面白いことは無かったですが必要十分といえるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です