Xiaomi製電動歯ブラシ「Mijia T100」レビュー。1000円台でも高いデザイン性。

Aliexpressにて購入してしまいました。日本国内だとスマートフォンやスマートバンドなどのエレクトロニクスがメインな印象を受ける「Xiaomi」ですが、爪切りから加湿器まで、総合的な家電なども販売しています。さながらSHARPや東芝のような感じです。

今回はそのXiaomiから発売されている電動歯ブラシ「Mijia T100」を購入しましたのでご紹介します。日本国内では発売されておりません。そのためか、調べる限り日本人でこの商品を紹介しているのは私だけかもしれません。電動歯ブラシのレビューなんてそもそも需要がないのかもしれませんが。

価格

本体のみであれば「Aliexpress」にて1,100円前後から販売されています。私は替えブラシ3本セットも同時に購入しましたが、合計で約1,500円でした。ブラウンの電池式電動歯ブラシと近い値段でしょうか。

無印良品のようなデザイン性の高さ

Xiaomiの家電の販売ページを見ると、どれもデザインが統一されており非常に洗練された印象を受けます。なかなかシンプルでおしゃれではないでしょうか?

こちらが電動歯ブラシの画像になります。Xiaomiということがわかるロゴなどは目立たず、柔らかい印象のデザイン、色使いです。

仕様は以下のようになります。

機能二段階で強さを変更可能
30秒で一時停止、2分で停止
振動数16500prm
防水機能IPX7
充電機能MicroUSBにて充電
(スタンド無し)
充電時間約4時間
動作日数約30日間
付属品充電ケーブル
説明書
ブラシ
質量約41.7g (本体のみ)
約45g(ブラシ込み)

仕様感

説明書の記載は中国語オンリーです。イラストと漢字である程度は読み取れると思います。

本体にブラシをセットすると少し隙間が見えますがこれは仕様です。

充電口は本体底面の蓋を開けたところになっており、充電スタンド等は存在しません。そのため、電池が切れた際はケーブルを差し込んでの充電が必要になりますが、30日電池がもつとのことなのでそこまで苦にはならないでしょう。

電源ボタンを押す回数によって動作モードを選択することができます。1度押しで通常モード、2度押しで気持ち弱めなモードになります。

使用して見ての感想としては、手に振動が伝わりずらくて良いと感じました。ほかのメーカの電動歯ブラシは振動が手にそれなりに伝わってしまうので、その点はよく出来ていると思います(回転数の問題もある)。

ブラシ

また、ブラシが柔らか目な印象です。これについては完全に好みの問題ですが、個人的にはもう少し固めでもいいかなと思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です