【悪徳中華】最強スマートフォン「i12 Pro」レビュー

私は何をやっているのでしょう。前回の中華スマホレビューで散々な目にあったのにも関わらず再び「Wish」にてスマートフォンを購入してしまいました。

今回購入した機種は「i12 Pro」です、販売ページに記載されているスペックは以下のようになります。

iphone12, スマートフォン, teléfonomóvil, Mobile Phones
  • 1.Model No.: I12pro
  • 2.Platform : MTK6889
  • 3.Standby: Dual sim dual standby(A slot support SIM card, another slot support SIM card or TF card)
  • 4.Screen: 6.1/5.8 inch 2230*1080
  • 5.Speaker: 1511 Box Speaker
  • 6.Frequency: GSM850/900/1800/1900MHz, 3G: WCDMA850/2100MHz,4G,5G
  • 7.Vibration: Support
  • 8.Colors: Black/Glod/White/Green
  • 9.Memory: 12GB RAM+512GB ROM
  • 10.Multi Media: MP3/MP4/3GP/FM Radio/Bluetooth
  • 11.Camera: 13MP+24MP
  • 12.Multi Function: Full screen, Face recognition, Dual SIM, Wifi, GPS, Gravity Sensor, Alarm ,Calendar ,Calculator ,Audio recorder ,Video recorder, WAP/MMS/GPR, Image viewer,E-Book,World clock,Tasks card rear flash IML rear cover
  • 13.Languages: Multi-language support
  • 14.Others: Android OS 10.0 System
  • 15.Battery: 4800Mah Lithium-ion battery

とんでもないなスペックが並んでいます。SoCはなんと「MTK6889」です。これは一瞬「MediaTek Dimensity 1000【MT6889】」かなと思いましたが違いましたね。一体何なのでしょう。

また、5G通信にも対応しているようです。メモリ12GB、ストレージ512GBという超爆盛スペックですね。様々なゲームを余裕でこなせるでしょう。楽しみですね()

到着

既視感があります。

何でしょうこれは。完全プラスチック製で背面の蓋が外れるようになっています。また、最近では見ることのなくなった「タスク・ホーム・戻る」のボタンが存在します。これは前の「Mate 36」からも退化していますね…

背面のカバーを開けたところ

背面パネルを開けてみました。面白いですね。今時背面パネルが開けられます。また、SIMカードはmicroサイズです。

答え合わせ

実際のスペックを表示するアプリで表示してみました。

最低すぎますね。これ、ほとんどMate 36と同じスペックなので基本的な部分で同じパーツを利用していると思われます。少しタチが悪いのが、「CPU-Z」で見ると偽装されて出てきます。

メモリ量は466MB、ストレージは1.3GB、CPUは2コアです。10年前のスマートフォンのほうが性能があるかもしれません。androidOSバージョンは4で、イースターエッグが「P」仕様のものに偽装されていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です