OnePlus 8シリーズのスペックがリークか。

こんにちは。先日「OnePlus 8」シリーズのレンダリング画像の情報をお伝えしましたが、スペック情報もリークされていましたのでお伝えします。

ただし、この情報はソースなどが確認されておらず、信憑性がある情報とは言えません。

・リークされたスペックシート

・OnePlus 8 Pro

型番OnePlus 8 Pro
SoCSnapdragon 865 (5G対応)
ディスプレイ6.7インチ (3180×1440) super AMOLED 90Hz
アウトカメラ6000万画素̟̟+1600万画素(超広角)+1300万画素(5倍ズーム)
インカメラ3200万画素 + TOFセンサー
ROM/RAMUFS3.0 / LPDDR5
8GB/128GB・8GB/256GB・16GB/256GB
USBUSB3.1 Type-C
バッテリー4000mAh 10V5A 50W急速充電 ワイヤレス充電非対応
防水IP53防水

・OnePlus 8(無印)

型番OnePlus 8
SoCSnapdragon 865 (5G対応)
ディスプレイ6.44インチ (2400×1080) super AMOLED 90Hz
アウトカメラ6000万画素̟̟+1600万画素+1200万画素
インカメラ3200万画素
ROM/RAMUFS3.0 / LPDDR5
6GB/128GB・8GB/256GB・12GB/256GB
USBUSB3.1 Type-C
バッテリー4000mAh 5V6A 30W急速充電 ワイヤレス充電非対応
防水IP53防水

・OnePlus 8 Lite

型番OnePlus 8 Lite
SoCMediaTek Dimensity1000 (MT6889)
ディスプレイ6.44インチ (2400×1080) super AMOLED 90Hz
アウトカメラ4800万画素+1600万画素+1200万画素
インカメラ1600万画素
ROM/RAMUFS3.0
8GB/128GB・8GB/256GB
USBUSB2.0 Type-C
バッテリー4000mAh 5V6A 30W急速充電 ワイヤレス充電非対応
防水IP53防水

・もちろん新世代SoCを採用だが、lite版は特殊

当たり前ですが、先日発表されたSnapdragon865を採用し、5Gにも対応する見込みとなっています。
ただし、気になる情報として、「Lite」版にはクアルコムのSoCではなく、「MediaTek」のSoCを採用する可能性があるということです。

OnePlus 8 Liteでは「 Dimensity1000 (MT6889) 」を搭載するという噂です。

「Dimensity1000 (MT6889)」の画像検索結果
Antutuスコアは50万点越え

同プロセッサはMediaTek初の5G対応SoCで、 bigコアとしてARM Cortex-A77 2.6GHz ×4、littleコアとして Cortex-A55 2GHz×4の合計8コアのCPUと、GPUにMail-G77を搭載しています。Antutuベンチマークでは50万点を超えるスコアを叩き出しており、性能でもSnapdragon855にも勝るとも劣らない性能になっているということです。

・Pro版の特徴

Pro版のみの機能として

  • 「50Wの超急速充電に対応」
    ノートPC並みの速度で充電可能
  • 「メインカメラに6000万画素センサーを搭載」
    ソニーの新型センサーを採用
  • 「LPDDR5メモリ搭載」
    2019年に製造が開始されたばかりの新規格で、実用例が未だ無いメモリ

という噂があります。また、OnePlus7Proではポップアップ式のインカメラでしたが、今年はパンチホール式が流行りなイメージがあることから、変更になる可能性もあります。

「oneplus 7 pro」の画像検索結果
oneplus 7 pro

今後の詳報発表が楽しみです。期待して待ちましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。