MEIZU 16Tのスペック、特徴。Snapdragon 855&画面内指紋認証搭載のハイエンドモデル

2019年10月23日、中国のスマートフォンメーカー「MEIZU」の新作スマートフォン、「MEIZU 16T」が発表されました。日本国内での発表予定はありません。

・スペック

機種名MEIZU 16T
本体サイズ
重量
78.2mm×159.63mm×8.3mm
約183g
ディスプレイ6.5インチ 有機EL FHD+(2232×1080)
OSAndroid 9.0 (Flyme 8)
SoC Snapdragon855
メモリ/ストレージ6GB+128GB / 8GB+128GB / 8GB+256GB
UFS 3.0
アウトカメラ1200万画素 SONY IMX362 F1.9 24mm
800万画素 Samsung 4H7 F2.2 15mm
500万画素 Samsung 5E9 F1.9 23mm
インカメラ1600万画素 F2.2
ネットワーク802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USBUSB2.0 Type-C
生体認証ディスプレイ内埋め込め式指紋認証
防水/防塵無し
バッテリー 4,500mAh
その他機能イヤホンジャックあり

・トリプルレンズ構成

1600万画素+800万画素+500万画素のトリプルレンズの構成のアウトカメラとなっています。流行りの4800万画素のレンズは搭載されていません。 また、800万画素のセンサーは118°の超広角レンズになっているので、迫力のある写真の撮影が可能です。

・6.5インチ有機EL

600nitというかなり明るい有機ELのFHD+ディスプレイを搭載しています。

最近のスマホとしては珍しくノッチやパンチホール、ポップアップなどで上部ベゼルをなくそうというアプローチは取っていません。galaxyやXPERIAのように上部ベゼルを残しています。

ですが、ノッチである必要がないほど狭いベゼルになっているので特に時代遅れな感じはしません。むしろ大きなノッチがある方がデザイン的に私は好きではないです。

・Snapdragon855搭載&UFS3.0ストレージ

現行では最高峰レベルのスペックをもつSoCです。しかし、マイナーチェンジ版である「Snapdragon855+」ではない点には注意が必要です。

Antutuベンチマークスコアは約360,000点ほどです。

また、ストレージにはeMMCではなく「galaxy Note」シリーズや「AQUOS R3」などの一部ハイエンドモデルにのみ採用されている UFS3.0を採用しています。UFS3.0はデータ転送速度が従来のUFS2.1と比較して約二倍に高速化されているとのことです。

ゲームモードも搭載

・その他機能

  • 4,500mAh大容量バッテリー
  • ダブルステレオスピーカー
  • イヤホンジャックあり
  • 画面内指紋認証

・価格、まとめ

予約時価格になります。

6GB/128GBモデル「1999元(33,415円)」
8GB/128GBモデル「2299元(38,430円)」
6GB/128GBモデル「2499元(41,773円)」

ハイエンドモデルとしてはかなりリーズナブルな価格設定です。これは発売時の価格になるので、今後さらに値下げされることも期待できるでしょう。近いスペックのスマートフォンとしては、Xiaomi「Mi 9」なも当てはまるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。