HUAWEI Y9 Prime 2019のスペック、特徴!

Huawei Y9 Prime 2019

Y9 Prime 2019は2019年6月に発売されたスマートフォンになります。Y9は2018年モデルなどもあり、同名の機種であることから混同を防ぐために2019とついています。

・スペック

機種名Y9 Prime 2019
本体サイズ
重量
163.5×77.3×8.8mm
約196g
ディスプレイ6.59インチ IPS FHD+(2340×1080)
OSAndroid 9.0 (EMUI 9.0)
SoCKirin 710F
( Mali-G51 MP4 )
メモリ/ストレージ4GB/64GB・128GB
microSDにて拡張可能(最大512GB)
アウトカメラ1600万画素 F1.8
800万画素 F2.4
200万画素 F2.4
1080p 30fps 動画撮影
インカメラ1600万画素 F2.0
ネットワーク802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USBUSB2.0 Type-C
生体認証指紋認証
防水/防塵無し
バッテリー4,000mAh
その他機能イヤホンジャックあり

・ポップアップ式 1600万画素インカメラ

Huawei Y9 Prime 2019 AI Self Self Camera

流行りのポップアップ式インカメラを搭載しています。インカメラを起動すると約1秒でカメラが出てくるということです。カメラを終了させると自動で格納される仕組みになっています。

耐久性も高く信頼性もあるとしており、15㎏の重さに耐え、10万回以上の収納展開テストを行っているとのことです。

・アウトカメラはトリプルレンズ構成

Huawei Y9 Prime 2019 6pリアカメラレンズ

P30 liteに近い構成の 1600万画素 F1.8、800万画素 F2.4、200万画素 F2.4のトリプルレンズになります。800万画素のセンサーは超広角レンズになっているので、迫力のある写真の撮影も可能です。

・ Kirin 710Fを搭載

ミッドレンジ向けSoCである「Kirin 710F」を搭載しています。 Cortex-A73/-A53を4コアずつ搭載しています。
P30 LiteやNova Lite3などにも「Kirin 710」が搭載されていますが、最後の「F」の有無の違いとしては、プロセスルールが14㎜から12㎜になったといったところでしょうか。

Antutuスコアはv7で約130,000点前後ほどでしょう。普段使いでは十分すぎるスペックで、ある程度の3Dゲームも楽しめるのではないでしょうか。

メモリは4GB・6GBで、ストレージは64GB・128GBです。また、microSDカードを差し込むことで最大512GBまでストレージの拡張が可能です。

・価格、まとめ

米アマゾンでは128GBモデルが228ドル(約24,800円)で販売されています。

ポップアップ式カメラでこの価格は素晴らしいですね。一度ポップアップ式カメラがどのようなものか知りたい人や、完全ベゼルレスを体感したい人ならぜひおすすめなスマートフォンですね。イヤホンジャックもしっかり搭載されています。

また、同じ様なスペックのスマートフォンだと「Enjoy 10 Plus」があります。こちらもトリプルレンズ、ポップアップ式インカメラという構成で、違いとしてアウトカメラが48MPであるや重量が30gほど軽量であることなどです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。