ローエンドCPUの性能はどれだけ上がった? Core i5(2013)とCeleron(2019)を比較

こんにちは。私が所有しているノートパソコンとして、2013年発売の「VAIO Pro11」と2019年モデルの「BMAX Y11」がありますが、この二機種は価格帯に大きな差があり、搭載CPUも「Core i5」と「Celeron」という大幅にグレードが違うものが使われています。にもかかわらず、実際の使用感に大きな差は感じられません。今回はスペックシートではわからない体感性能の違いを比べていきます。

・比較対象のスペックシート

機種名VAIO Pro11BMAX Y11
CPUIntel Core i5-4200Uintel Celeron N4120
コア数/スレッド数2/44/4
ベースクロック1.6GHz1.1GHz
ブーストクロック2.6GHz2.6GHz
TDP15W6W
GPUHD graphics 4400UHD graphics 600
最大GPUクロック1GHz700MHz
メモリ4GB
DDR3L-1600
8GB
LPDDR4-2133
ストレージSSD 128GB(SATA)M.2 SSD 256GB(SATA)
換装可能
ディスプレイ1920×1080
タッチ対応
11.6インチ
1920×1080
タッチ対応
11.6インチ
ネットワークIEEE 802.11a/b/g/n
(最大300Mbps)
Bluetooth 4.0
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(最大433Mbps)
Bluetooth 4.2
バッテリー32Wh26.6Wh
インターフェイスUSB3.0×2
HDMI ×1
SDカードリーダー
3.5mmジャック
USB Type-C ×1 (USB3.0)
Micro USB ×1 (USB2.0)
micro HDMI ×1
microSDカードリーダー
3.5mmジャック
カメラ92万画素100万画素
サイズ
重量
285×197×13.2 mm
870g
275×187×13mm
998g(公式値)
価格(新品)約17万円約4万円

といったところになります。さすがに2019年モデルと2013年モデルの差は大きいですね。ただ、「VAIO Pro11」は1.5kg以上のノートパソコンが大多数であった2013年においてスペックを妥協せず900gというとんでもない軽量化を実現しているということです。11.6インチでタッチ対応800gのノートパソコンは2020年時点でも「VAIO Pro11」しかなかったと思います。

今回の目的は「最近のローエンドPCは7年前のミッドハイPCにどこまで太刀魚できるか」となります。

・Passmarkスコア

PCの性能を計るうえでの定番ベンチマークです。

・VAIO Pro11 (i5-4200U)

・BMAX Y11 (Celeron N4120)

全体的なCPU性能としてはBMAX Y11のCeleron N4120が1.2倍ほど良い結果となりました。シングルスレッド性能はCore i5の方が1.3倍ほど高いことから、Celeronはコア数で性能を稼いでいるのがわかります。

・ドラクエⅩベンチマーク

・VAIO Pro11

・BMAX Y11

グラフィック性能においてはVAIO Pro11の方が1.5倍ほど高いことがわかります。

・CrystalDiskMark

・VAIO Pro11

・BMAX Y11

どちらもM.2 SATA 6GB SSDですので性能差はほとんどありません。この程度の性能があれば十分です。

・まとめ

i5 だからと言って必ずしも下位グレードのCPUより性能が高いとは限りません。中古のPCなどを購入する際は、一度CPU性能を調べてみた方がいいでしょう。

それにしても最近のノートパソコンの性能向上はすごいです。中華PCの標準的なスペックに至ってはメモリ8GB、SSD256GBが多い印象です。この部分だけ見ると日本の10万円台のノートパソコンも大体同じなのでコストパフォーマンスの良さが伺えます。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です